工事用ヘルメットの耐用年数

工事用ヘルメットの耐用年数

工事用ヘルメットは、いったいどれくらいの期間使い続けることができるのでしょうか?特に現在利用しているヘルメットがボロボロになっている方は、そのような疑問を持つこともあるのではないかと思います。

一般的には、帽体は使用開始から3年間(FRP製は5年)が交換の目安と言われています。また、着装体は使用開始から1年後に交換するのが理想的だとされています。もちろん毎日使われないようなヘルメットもあるでしょうし、使い方によってはまだまだ使えると思えるようなヘルメットもあるかもしれません。しかしこれが交換の目安だと覚えておきましょう。
ただし、この使用期限に到達する前に、ヘルメットに亀裂があったりへこんでいたり、もしくは汚れ、傷などが激しくみられるものは交換するべきです。また、ヘルメット自体が変形していたり激しい着色がみられる、穴が開いている、などなど、交換するべき条件はたくさんあります。

ヘルメットは、ファッションのために利用するのではなく大切な命を守るために利用する、職人さんの必需品です。状態の悪いヘルメットを使用していたために起こる無駄な事故を防ぐためにも、ヘルメットの状態を常に確かめて安全なものを使用するようにしましょう。