軽量化された工事用ヘルメット

軽量化された工事用ヘルメット

工事用ヘルメットと聞いて、重たいイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?確かに硬い落下物から大切な頭を守るためのものですので、多少重たくても仕方がないと考えていらっしゃる方も多いのではないかと思います。しかし、それは昔の話になります。現在の工事用ヘルメットはどんどんと軽量化されているため、思ったよりも軽いと感じる方がほとんどなのではないかと思います。

重たいものを頭にのせて行動していると、それだけで体力を奪われることになりますし首を傷め続けることになります。それを防ぐためにもヘルメットはどんどんと軽量化されているのですが、現在のヘルメットの重さはどれくらいになるのでしょうか?メーカーやオプションなどによって重さは若干異なりますが、大体のヘルメットは300グラム〜500グラムの間に収まるのではないかと思います。

それくらいの重さであれば、頭に一日中乗せていても苦になることはないのではないでしょうか?軽量化された上により頑丈になっている工事用ヘルメットになりますので、ますます安全に作業ができるようになります。興味のある方は、一度最新の工事用ヘルメットを確認してみてはいかがでしょうか?