通気孔のついた工事用ヘルメット

通気孔のついた工事用ヘルメット

工事用ヘルメットにもさまざまなものがありますが、最もお勧めできるのが通気孔のついたヘルメットになります。例えば通気孔のない工事用ヘルメットを付けて1日作業してみればわかるのではないかと思いますが、特に暑い中での作業が続くとヘルメットの内部が非常に蒸れます。

しかし、蒸れたからと言ってヘルメットを外すことはできませんし、そんなことをしては非常に危険です。結果的に、頭が蒸れているということを感じながら、ヘルメットを使用し続けるしかないのです。そうなると頭が熱くなりますし、作業の効率も落ちてしまいます。

快適に作業をするためには、やはり通気孔のついたヘルメットを利用するべきなのではないかと思います。大きな通気孔のついたヘルメットもありますので、内部が蒸れてしまって大変だ、ということにはならないのではないかと思います。

やはりオーソドックスなヘルメットと比べると、通気孔つきの工事用ヘルメットは若干割高になります。しかし、それが日常業務の効率化につながるのであれば、安いものなのではないかと思います。価格は異なりますが性能は本当に良いですので、興味をお持ちなのであれば一度検討してみてはいかがでしょうか?