工事用ヘルメットの大きさについて

工事用ヘルメットの大きさについて

基本的には、工事用ヘルメットはすべて同じ大きさをしています。もちろん特殊な大きさのヘルメットも存在するのですが、特にまとめて購入する際などにはすべて同じサイズのヘルメットを買うことになるのではないかと思います。しかし、職人さん一人一人の身長や体重が違うように、頭の大きさも千差万別です。

購入した状態のヘルメットのサイズでぴったりだという方もいらっしゃれば、大きすぎる、小さすぎるという方もいらっしゃるでしょう。小さすぎる場合はヘルメットをうまくかぶることができませんし、逆に大きすぎる場合はブカブカになってしまい危険です。

工事用のヘルメットは、一般的な大きさの頭の方であればサイズを合わせられるようになっています。具体的には、ヘッドバンドのアジャスターで頭にぴったりにサイズ調節することができますので、基本的には一般的な頭の大きさの方であれば合わせることができるのではないかと思います。

しかし、中にはそのサイズよりも頭が大きい、反対に小さい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?普通よりも大きめ、逆に小さめのヘルメットもありますので、安全のためにご自身の頭にあったヘルメットを着用するようにしましょう。